プロフィール

kodomomiyagi

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●書籍紹介『低線量・内部被曝の危険性』(耕文社)

『低線量・内部被曝の危険性』
(「はじめに」より)
 日本の放射線被曝の「専門家」たちのほとんどは、非科学的で現実の現象を説明できない、そして原発推進派にとって有利な、逆に放射能汚染にさらされる市民にとって危険な理論をマスコミも利用して押し付けようとしています。
 私たちは、低線量・内部被曝は、人体への強い障害性を持つと考えています。そこで、低線量・内部被曝について、被災者や市民の方々が自らの被曝を評価し、生活や運動に役立つ本をつくれないかと考えました。
 医療問題研究会が、薬などで培ってきた批判的評価の方法を基礎に、世界で公表されている放射線被曝についてのデータを可能な限り集め、それらを科学的な立場で検討しています。

目次(抜粋)
I 放射線被曝の基本的知識
II だから、放射線被曝は怖い
III  低線量でも障害は発生する
1、がん
 (1)小児がん
 (2)成人のがん
2、その他の障害
 (1)次世代への影響─妊娠・出産・子ども ─
 (2)その他の問題
IV 原発事故処理労働者の健康被害
V いま、考えるべきこと ─被曝をめぐる論争点─
1、日本の「専門家」の意思とICRPの意思、その問題点
2、ICRPの被曝障害の区分
3、低線量でも起きる「確定的影響」
 (1)急性障害には「しきい値」があるか
 (2)胎児の障害は100mSvでも
 (3)低線量被曝でもさまざまな症状が存在
4、低線量被曝での障害に関する理論
 (1)低線量被曝と発がん性に関する種々の理論
 (2)低線量でもがんが増加することを証明した広島・長崎のデータ
 (3)低線量の放射線をあびると心臓病や脳卒中が増える
5、ICRPの問題点
6、自然放射線は安全か?
7、被曝よりタバコが問題か?
8、健康診断について
9、食品汚染基準の考え方 、 ICRPの計算式のごまかし

低線量・内部被曝の危険性―その医学的根拠低線量・内部被曝の危険性―その医学的根拠
(2011/11)
伊集院 真知子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。