プロフィール

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●鎌田實医師からのコメント

代表の太田さんが精力的に、
南相馬に来た鎌田医師とコンタクトをとり、
鎌田先生からコメントをいただきましたということです。(みつ)

健康調査の件について諏訪中央病院の名誉院長で作家の鎌田 實医師よりコメントをいただきました。
鎌田さんはチェルノブイリ連帯基金の代表もされ、90回以上にわたって現地への医療支援を行われています。
以下、鎌田さんからのメッセージです。(太田)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チェルノブイリで甲状腺がんが出たのは、4年後くらいからです。

今はまだ甲状腺がんは出ないと思います。

しかし、長いフォローのはじまりの検査は、一回、早く行った方がよいです。

一回で終わらず、2~3年後にもう一度した方がよいと思います。

丸森では、まず甲状腺がんは出ないと思いますが、慎重に対応するにこしたことはありません。
                                                  
鎌田 實
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。