プロフィール

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●子どもの未来を考える集い in 丸森報告

10/30開催の
「子どもの未来を考える集い in 丸森」の報告です。
きんじょすくいの会のサイトの記事転載です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月30日(日曜日)丸森町、舘矢間まちづくりセンターにおいて
地元選出の国会議員 橋本清仁さんを迎え
「子どもの未来を考える集い in 丸森」が開かれました。
 丸森に限らず、宮城県南部各地から多くの方に参加していただきました。
また丸森町からは町長を始め議員の方々、仙南地域からも議会関係者の方に参加していただきました。
1030_1
3時から丸森町の住民自治組織「筆甫地区振興連絡協議会」の事務局長吉澤さんの司会で開会。
4時過ぎに到着する予定の橋本議員を迎える前に
「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」代表、太田茂樹さんから
「除染について」や先日事前に情報をつかんで急遽、前白石市議会議員の吉田さんと駆けつけた
「県の健康調査に関する有識者会議」の報告、
丸森町議会選挙に向けて放射能の取り組みを立候補予定者にアンケートした結果、
などの報告がありました。
1030_2

前白石市議会議員の吉田さんからも
「県の健康調査に関する有識者会議」の報告や
もう22年も続けられている小金井市での放射能測定の紹介などのお話をいただきました。

丸森のかたくり農園の北村さんからは角田市や丸森町の食品放射腺の測定の話や、
近くオープンする「みんなの放射線測定室」などの話がありました。
1030_3
国会議員の橋本清仁さんが到着してからはこれまでの取り組みについての報告がありました。
その後、会場に集まった方からの質問、要望に答えていただきました。
予定の5時を過ぎても会場の方からの話はとまらず、
議員には次の予定をキャンセルして6時近くまでお付き合いいただきました。
1030_4
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。