プロフィール

kodomomiyagi

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●野呂美加さんのお話会in仙台10/25

再び、野呂美加さんのお話を聞く機会ができました。。。

時間が無くて質問時間を十分に取れなかったことを野呂さん自身がとても気にしてくださっていて、
涙を流しているお母さん達を残していくのがしのびなかったようで
「今度は、一日時間をとってここに来たいです」 
とおっしゃってくださいました。
是非その機会を作りたいと願い、実現する運びとなりました。

*日時:10月25日(火) 開場10:00
第一部 野呂さんのお話し 10:30~12:30
第二部 質疑応答 13:00~15:00

*会場:仙台市青年文化センター シアターホール
(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 TEL 022-276-2110)

*参加費:1000円
(会場費・資料等必要経費を除いた参加費は「チェルノブイリへのかけはし」へ全額寄付)

*定員:500名<要予約>・託児はございません。お子様連れでも参加は可能ですが、なるべく多くの方にご参加頂けるよう預けられるかたは預けてご参加くださいますよう、ご協力の程よろしくお願い致します。

*予約申込み:kakehasi.myg@gmail.com へ下記を記載の上送信してください。

{件名}お話し会予約 {本文}ご予約者名・ご来場人数(本人含む)・ご連絡先3日以内に受領メールをお送りします。

なお、詳細は「http://maruta.be/kakehashimyg/」をご覧下さい。

[野呂美加さんプロフィール] NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表。1992年、チェルノブイリ原発事故被災児童を1ヶ月間日本で保養させる活動を知人と共に始める。これまでに招待した児童は、19年間で648人。2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。福島第一原発事故発生以来、各地でお話し会を開催。

*主催:かけはしお話し会みやぎ実行委員会

*お問い合わせ:kakehashi.myg@gmail.com

今回のお話し会は、第二部に質疑応答があります。野呂さんに直接聞けるチャンスでもあります。是非聞いてみたい方はご参加ください。

日々奮闘する多くのお母さんが野呂さんのお話聞けますように・・・。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。