プロフィール

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●脱原発社会へ 放射能と生命~こころ・いのち・くらしを守る視点から~(6/30)のご案内

脱原発社会へ 放射能と生命~こころ・いのち・くらしを守る視点から~
のご案内です。
1・28に大河原で開催した「一緒に考えてみませんか」で講演頂いた
振津かつみ先生の講演と子どもみやぎの吉田さんもお話しをされます。




フクシマを「核時代」の終わりの始まりに、子どもたちに核汚染のない
「安全な地球」を残すために、今、何ができるか、何をなすべきか


●日  時:6月30日(土) 13:30~16:00(開場12:30)
●場  所:エル・パーク仙台 セミナーホール
        (仙台市青葉区一番町4-11-1 仙台三越定禅寺通り館5F)
●講  師:
   ・振津かつみ氏(兵庫医科大学非常勤講師、遺伝学・放射線基礎医学)
   ・阿部美紀子氏(女川町議会議員)
   ・吉田貞子氏(子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク)
●参 加 費:500円
●託  児:6月10日までに申込
   ※対象年齢:4歳まで
   ※おやつ代他:300円
   ※申込多数時抽選
●申込方法:下記連絡先までFAXにて申込
●主  催:政治を考える女性の会
●連 絡 先:FAX:022-254-3308(秋山)
       FAX:022-251-3900(浅野)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。