プロフィール

kodomomiyagi

Author:kodomomiyagi
放射能に向き合って生きていくことを余儀なくされた私達。宮城県南部で、この放射能時代を生き抜くために、ゆるやかにネットワークができました。
代表は味噌づくりのシゲさん、サイト管理は炭やきのミツオ、いずれもヒゲクマですが、味噌、炭、いずれも放射能時代を生き抜くためには大切なもの…。「風の谷のナウシカ」ならぬ、「味噌の谷のシゲ」と「炭の谷のミツ」です。よろしく!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Web page translation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●広瀬隆緊急講演会(6/28,29)のご案内

http://goo.gl/zCFNo←下記埋め込みがご覧になれない場合はこちらから

【転送歓迎】
私たちは昨年3・11、東日本大震災・福島原子力発電所の事故から、日の前に起こってくる「緊
急事態」にどう対処したらよいのか戸惑いながら、それぞれ、精一杯歩んできたのではないでしょ
うか。
そんな中で多くの人が「何かおかしい」と気がつき、怒りの声を上げ、行動してこられたことと
思います。山も川も、大地も海もことごとく汚染され続けています。私たちが食べる物に放射能汚
染の被害が広がっています。「帰村宣言」などもってのほかです。また、私たちは今、大変危険な
事態と隣り合わせに立たされています。それは紛れもなく「原発」というとてつもない「有毒爆発
物」を抱えているばかりでなく、福島ではいつ再び爆発するか分からないからです。
国は私たちに本当のことを伝えてくれません。私たちの「いのち」を守ってくれないことがよく
分かりました。聖書の言葉に「命がけで逃れよ」とあります(創世記19章17節)。私たちは自分で
「いのち」を守らなければなりません。特に、小さい子どもたちやこれから生まれてくる子どもた
ちの「いのち」を。
広瀬さんはマスコミが書かない原発事故の真実を、分かりやすく、明快に示してくださいます。
私たちは子どもたちの命を守るためにできるだけ多くの方にこの真実をお伝えし、聞いて、知って
いただきたいと願つてこの講演会を緊急に企画しました。一人でも多くの方に声をかけ、お集まり
ください

●広瀬隆さん 緊急!!講演会●

演題 「こどもたちのいのちを守るために−福島原発事故が問うこと−」
日時 �6月28日(木)18時〜21時
   �6月29日(金)10時〜12時半
場所 日本基督教団 仙台青葉荘教会 (錦町1-13-48)
会費 500円
主催 日本基督教団 東北教区
連絡先 布田秀治さん(いずみ愛泉教会 022-372-1712 090-4359-1620)

賛同
みやぎ脱原発・風の会、わかめの会、生活協同組合あいコープみやぎ、5年後10年後
こどもたちが健やかに育つ会みやぎ、カトリック正義と平和仙台協議会、ちいさなたび
JAPAN、みんなの放射線測定室「てとてと」など(5/11現在)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。